母の不安をとってあげたいけど、まるこ

“うつの人には、話をきいてあげて、ちゃんと自然に自分から元気になれるようになるのが、一番だと思っています。
でも、家族ですから、そこは、ちゃんと、分かっている範囲内で、やらなくてはなりません。
自分は気になっていることがあります。
それは、八年間連れ添ってきた愛犬の、まるこです。
まるこが、なくなったら、入院するにではんじかと思うのです。

こたちゃんは、ちょちょ事情が違うのです。
まるこの代わりにはならないという事でしょうか。
実は、まるこが、小さな時に、ひなちゃんというポメラニアンがいました。
ずっと、母と思い出があって、優しい子でした。
まるこは、いつも、ひなちゃんと一緒にいた所に寝ている事も多いです。
優しい子でした。

ひなちゃんが亡くなった時、深夜にきて、ずっと、そばにいたのを覚えています。
まるこは、それくらいの思い出なのです。

愛犬との別れは、想像以上なのです。
高齢の母が耐えられるか、自分には分かりません。ー”http://www.zhongyuan-al.com/